2009.01 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  » 2009.03

フリードリヒ・ハイエク

  • 2009/02/07(土) 12:33:42

1899-1992。ノーベル経済学賞受賞。その思想は、英国のマーガレット・サッチャーや米国のロナルド・レーガンによる新保守主義・新自由主義の精神的支柱となった。ハイエクは現在はリバタリアニズムの思想家の一人とみなされているが、本人は古典的自由主義者を自称。
ハイエクは集産主義と計画主義には「市場のどの参加者よりも一部のエリートの方が賢明である」という前提があると考えたが、実際においては市場の情報や知識をすべて知ることは不可能であり、部分的な情報を熟知する参加者達が参加する市場こそがもっとも効率のよい経済運営の担い手であると説いた。エリートよりも情報を持つものが優位に立つ。そのため彼は、経済分野に留まらず「理性」に至上の地位を与えるような合理主義には常に反対していた。人間は現存の秩序をすべて破壊し、そこにまったく新しい秩序を建設できるほど賢明ではないとし、既存の秩序、つまり「自然発生的秩序」の重要性を説いた。彼は理性の傲慢さのもたらす危険性を常に問題視していた。デカルト以来の「理性主義」を「設計主義的合理主義」と呼び、自由主義的な「進化論的合理主義」と峻別、自由主義を体系的に論じ「理性主義」を批判した。

彼の考え方によるとそもそも、人間の理性は、文明社会そのものを創造する能力はもっていないのだ。人間の行為は、一つは先天的で本能の欲求によるものであり、もう一つは人間社会が歴史的に経験を通して試行錯誤と取捨選択を積み重ねることにより発展してきたルール、伝統、規範に従ってのものである。文明社会は人間の営みの結果であっても、それは人知を超えたものによって発展しているものであり、そこに人間の理性(知力)が入る余地はわずかである。人間はその本質において、誤りに陥りやすい存在であり、人間社会は「漸進的な発展(改良、進歩)」が期待されるのであって、もし理性を乱用し「革命的な進歩」を目指した場合、文明そのものを破壊する。道徳規則の形成も、人間の社会における実践的な営みの経験の中で成長したものであり、人間の理性による意識的な発明ではない。同様に、社会秩序も「自生的秩序」であり、自由社会と不可分の関係にある、「法の支配」と市場経済の二大原則の確立もこれにほかならない。こうした考えから、計画経済と集産主義、それに基づく社会主義、共産主義、ファシズムに対して反対し、同時にファシズムも左翼に分類した。神のみえざる手と協力に結ばれた新自由主義的な思想である。

医療制度

  • 2009/02/07(土) 10:10:11

日本では、国民医療保険に入っていれば、地元の病院、里帰りしての病院、個人病院、総合病院、公立病院、私立病院、どこでも自由に利用でき、医療費も、どこでも同じように保険が利きます。また、緊急時も、誰もが平等にその病院での最善の医療が受けられる。いつでも平等にがモットー。一方で、アメリカは、日本のような国が運営する国民皆保険がない。このため各人は、民間の保険会社の中から、自分たちにあった保険を探し出して、契約をする。多くの場合、企業が従業員の福祉厚生制度の一環として導入し、従業員本人および家族が対象となっているのだ。実際、企業をとうして医療保険に加入する事になるため、勤めている企業がどの保険制度やプランで契約しているかによって、受けられる保険の給付内容や自己負担の割合なども異なってくる。多様な人種・性格に合わせてこちらも多様。勿論収入にあわせて医療の方法も多様。お金がないと病気や怪我がひどくなっても、受診費はもちろん、入院、検査、手術、救急室、高額医療費などの幅広い医療費を払わなければ満足な医療を受けられないのである。ただ、一方で公的な医療保険というものもあり、65歳以上の高齢者を対象とするメディケアと、生活困儒者の公的援助をしてあるメディケイドの2種類あります。前者は国から発効されて後者は各州の厚生基金から出されている。が、不十分なのだとか。オバマの改革は持つものから持たざるものへのお金の流れを誘導するもので、ここにも及ぶ予定と期待されている。