2018.08 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » 2018.10

演劇とコント

  • 2010/06/07(月) 06:45:18

演劇とコントはその普遍性において異なるのか。一般には演劇が高級なものでコントは低級なものと考えられている。それも笑いが差分に注目するからではないか。つまり大元となる文学的作品がありその差分を作る事が笑いの原点なのではないかと思う。つまり笑いはあくまでも二次的な物としてしか存在しないのではないだろうか。

笑いには安心が必要なのだという仮設。その逆、不安の根源を考えてみる。現代の日本社会において、自他の一体性を保証していた自然なコミュニティが失われ、「主体性」や「自己責任」を求める市場メカニズムの動力が強いのが考えられる。普段の生活や仕事を想像してみてもそうではないだろうか。非常に機械的なのだ。コミュニタリアンは指摘する。こうした不自然な秩序が人々のストレスを強め、紛争を増やすのだ。しかしアメリカにはもともと戻るべき自然な共同体などなく、日本でもふるさとが失われる傾向にある。これは市場を優先する社会(というよりは現代社会)においては後戻りできないシステムである。つまり解決不能に走りやすい。ではどのようにすればこの不安を取り除く事が出来るのだろうか。

その一つとして笑いを取り上げてみたいが、笑いの前提として安心があるのならば、卵が先理論によってそれは否定される。


[その他] 共感した記事
 http://blog.tatsuru.com/2010/06/05_1049.php
論争はエネルギーの無駄遣いである。意味はない。血縁地縁ベースの相互扶助共同体の構築。相手の需要と継続的な変化をもって相手とは話すべきである。相手の知性は無限である。