2007.11 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2008.01

えこ

  • 2007/12/02(日) 13:07:51

石油火力発電所における1kWh当たりの石油の消費量は約0.2l/kWh。
家庭で一日に使う電力量を20A * 24h * 100V * 25%ぐらいで12kWhとすると、年間の消費電力量は4380kwhで、石油消費量は12kWh * 0.2l/kwh * 365 = 876lの石油を消費している事になる。ドラム缶に直すと、0.2kl/缶として、876/0.2/1000= 4.4缶分の石油を家庭では消費しているので。ちなみに沸騰水型原子炉なら1.6ベレット(8グラム、1cm角程度)。日本の家庭数を4000万世帯とすると、4.4*4000*10000 = 1.7億缶のドラム缶数になる。一人当たり1缶ちょっとか。

先進国

  • 2007/12/02(日) 12:09:31

石油、石炭、ガス、化石燃料の4分の3は「先進国」が消費している。世界石油消費量の25%はアメリカ合衆国が占めているし、人口12億の中国に比べて、人口がその約10分の1の日本の方が石油は2倍消費している。オゾン層のブラックホール、世界各国のフロンガス総排出量の大半をアメリカ合衆国が占めているのは周知。世界の人口の3分の1が飽食している代わりに、3分の2は飢えている。