2017.07 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2017.09

  • 2010/09/07(火) 07:17:24

学名:Citrus tachibana
日本では固有のカンキツ類で、実より花や常緑の葉が注目された。マツなどと同様、常緑が「永遠」を喩えるということで喜ばれた。
『記紀神話』には、垂仁天皇が田道間守を常世の国に遣わして「非時香菓(ときじくのかぐのこのみ)・非時香木実(時じくの香の木の実)」と呼ばれる不老不死の力を持った(永遠の命をもたらす)霊薬を持ち帰らせたという話が記されている。『古事記』の本文では非時香菓を「是今橘也」(これ今の橘なり)とする由来から京都御所紫宸殿では「右近橘、左近桜」として橘が植えられている。ただし、実際に『古事記』に登場するものが橘そのものであるかについてはわかっていない。
文化勲章は元々桜であったが昭和天皇が「文化は永遠である」と言い、咲いて散る桜ではなく、常緑の橘を勲章にしたという。

【南橘北枳】なんきつほっき
 人は住む環境によって、善悪どちらにも変わることのたとえ。
 江南の橘(たちばな)を江北に移植すれば食べられない枳(からたち)に変わることから

『橘は実さへ花さへその葉さへ 枝に霜降れどいや常葉の木』
                  聖武天皇 巻六 1009

活計なしと雖も、敢えて与に闘わしむ

  • 2010/08/09(月) 14:37:32

良寛

演劇とコント

  • 2010/06/07(月) 06:45:18

演劇とコントはその普遍性において異なるのか。一般には演劇が高級なものでコントは低級なものと考えられている。それも笑いが差分に注目するからではないか。つまり大元となる文学的作品がありその差分を作る事が笑いの原点なのではないかと思う。つまり笑いはあくまでも二次的な物としてしか存在しないのではないだろうか。

笑いには安心が必要なのだという仮設。その逆、不安の根源を考えてみる。現代の日本社会において、自他の一体性を保証していた自然なコミュニティが失われ、「主体性」や「自己責任」を求める市場メカニズムの動力が強いのが考えられる。普段の生活や仕事を想像してみてもそうではないだろうか。非常に機械的なのだ。コミュニタリアンは指摘する。こうした不自然な秩序が人々のストレスを強め、紛争を増やすのだ。しかしアメリカにはもともと戻るべき自然な共同体などなく、日本でもふるさとが失われる傾向にある。これは市場を優先する社会(というよりは現代社会)においては後戻りできないシステムである。つまり解決不能に走りやすい。ではどのようにすればこの不安を取り除く事が出来るのだろうか。

その一つとして笑いを取り上げてみたいが、笑いの前提として安心があるのならば、卵が先理論によってそれは否定される。


[その他] 共感した記事
 http://blog.tatsuru.com/2010/06/05_1049.php
論争はエネルギーの無駄遣いである。意味はない。血縁地縁ベースの相互扶助共同体の構築。相手の需要と継続的な変化をもって相手とは話すべきである。相手の知性は無限である。

スコーン

  • 2010/02/05(金) 07:22:42

スコーンは、スコットランド料理のパン。
小麦粉、にベーキングパウダーを加え、牛乳でまとめてから軽く捏ね、成形して焼き上げる。粉にバターを切り込んだりする事が多い。現在では発祥地のスコットランドのみならずイギリス全土で食べられており、また大西洋を渡ってアングロアメリカでもよく食べられている。イギリスのプレーンスコーンはアメリカ合衆国でビスケットと呼ばれているものとほぼ同じであるが、ビスケットにはバターの代わりにショートニングを使うことが多く、牛乳の代わりにクリームを使うこともある。

強力粉 100g
薄力粉 100g
砂糖 32g
塩 5g
マーガリン(有塩) 70g
卵(Mサイズ) 1個
牛乳 50ml

粉ものを混ぜる。マーガリンを混ぜる。液体を混ぜる。
冷蔵庫で寝かす10分。焼く180℃ 20分。

  • 2010/01/19(火) 06:44:40

主に精米した際にでる果皮など。米の場合は「米糠」。

【食品として】
要素として油分が多く、栄養価が高いため、応用として油やぬか漬けに使用される。
精白せずに玄米や全粒粉として、糠ごと穀物を食べる。

【洗剤として】
米糠は洗剤としても広く用いられる。米糠に含まれるγグロブリンというタンパク質が界面活性剤の機能を持ち、布袋に包んで、柱や床を磨き上げるなどの掃除にも利用可。

【何故精米するか?】
糠を取り除いて白米にする作業を精白と呼ぶ。主な目的は、米の消化吸収を助け、食味を良くするため。玄米の外周部分約7〜10パーセントを削り落とし、元から90〜93%程度となる。

(食品 100 g あたり)
        玄米 精白米
エネルギー   350kcal 356kcal
たんぱく質   6.8g 6.1g
脂質      2.7g 0.9g
炭水化物    73.8g 77.1g
ナトリウム   1mg 1mg
カリウム    230mg 88mg
カルシウム   9mg 5mg
マグネシウム  110mg 23mg
リン      290mg 94mg
鉄       2.1mg 0.8mg
亜鉛      1.8mg 1.4mg
銅       0.27mg 0.22mg
マンガン    2.05mg 0.80mg
β−カロテン当量1mcg 0
ビタミンD    (0) (0)
ビタミンE    1.4mg 0.1mg
ビタミンK    (0) 0
ビタミンB1     0.41mg 0.08mg
ビタミンB2    0.04mg 0.02mg
ナイアシン     6.3mg 1.2mg
ビタミンB12   (0) (0)
葉酸       27mcg 12mcg
パントテン酸    1.36mg 0.66mg

ビタミンC    (0) (0)
食物繊維     3.0g 0.5g