2017.11 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2018.01

おいしい水を手軽に

  • 2010/09/04(土) 22:08:51

おいしい水を簡単に

1.水を一晩寝かせる。カルキが抜ける。
2.沸騰させる。硬度が下がる。
3.レモン片を入れる。アルカリ成分が消える。

1が一番簡単か。

DSD

  • 2010/08/17(火) 07:12:55

Direct Stream Digital(DSD)方式
Super Audio CDのHD(Hi Density)レイヤーはCDの約7倍の4.7GBの容量(12cmシングルレイヤーの場合)を持っています。この容量を生かし、スーパーオーディオ CDフォーマットでは2チャンネルステレオエリアの他、最大6チャンネルのマルチチャンネルエリア、静止画、文字データなどの付加情報等を格納するエキストラデータエリアが規格化されています。
DSD方式では、A/D変換された1ビットの信号をそのまま記録。再生も極端に言えばアナログローパスフィルターを通すだけのシンプルなシステムで行えます。このようなシステムを実現したことで100kHzをカバーする再生周波数範囲と可聴帯域内120dB以上のダイナミックレンジを確保。

http://www.super-audiocd.com/aboutsacd/

ラニーニャ現象

  • 2010/07/23(金) 05:53:09

ラニーニャ現象は、エルニーニョ現象と逆に東太平洋の赤道付近で海水の温度が低下する現象。ラニーニャはスペイン語で「女の子」の意味である。「アンチエルニーニョ(Anti-El Niño)」と呼ばれていたこともあるが「反キリスト者」の意味にもとれるため、男の子の反対で「女の子(La Niña)」と呼ばれるようになった。

エルニーニョが終息した反動で発生するケースもある。エルニーニョと同じく世界の異常気象発生の原因となり近年では2005年秋〜2006年春、2007年春〜2008年春に発生している。ラニーニャが発生すると日本では猛暑、寒冬などの異常気象の原因となり日本海側の豪雪地帯においては厳冬と大雪により除雪機械を含む除雪用品や暖房器具、防寒具などの売り上げが伸びやすくなる。

エルニーニョとラニーニャは表と裏の関係はあるものの、いくつかの違いがある。それは、 1.力学的なメカニズムにより、ラニーニャによる海水温の低下はエルニーニョによる海水温の上昇ほど強くならない。 2.エルニーニョの次の年にはラニーニャが現れることが多いのに対し、ラニーニャは長期に渡って(2-3年)持続することが多い。

アロステリック効果

  • 2010/07/04(日) 09:47:08

アロステリック効果(アロステリックこうか)とは、タンパク質の機能が他の化合物(制御物質、エフェクター)によって調節されることを言う。主に酵素反応に関して用いられる用語である。

タンパク質と化合物が一対多の複合体を形成する際に、前の段階の複合体形成によって次以降の複合体形成反応が促進・抑制されること、あるいはその複合体による反応が加速・減速されること。

アロステリー(allostery、その形容詞がアロステリックallosteric)という言葉は、ギリシア語で「別の」を意味するallosと「形」を意味するstereosから来ている。これは、一般にアロステリックタンパク質のエフェクターが基質と大きく異なる構造をしていることによる。このことから、制御中心が活性中心から離れた場所にあると考えられたのである。

ブレイン・フーズ

  • 2010/05/24(月) 07:44:07

=脳を活性化させる食べ物
○レシチン(アセチルコリン)系
 大豆食品、卵黄、小麦全粒粉
○チロシン系
 大豆食品、鶏肉や魚介類、乳製品